チャーガについて|チャーガ健康園

チャーガ健康園

最高品質のカバノアナタケだけをお届け致します。
癌・慢性肝炎・うつ病・アトピー・花粉症など
あなたの健康をチャーガ健康園が応援します。

チャーガ健康園 > チャーガについて

チャーガについて

◆目次◆
チャーガとは
チャーガの産地
チャーガの成分
チャーガの歴史



チャーガとは

チャーガとは

チャーガとはキノコのことで、和名をカバノアナタケと呼ぶキノコの菌糸体のことで、10年から15年と長い年月をかけて寄生した白樺のエキスを吸い尽くしてゆっくりと成長していきます。

ロシアやヨーロッパ、中国、日本(北部地域)に分布する耐寒性のキノコです。

チャーガが形成される原因は樹皮の寄生菌の感染と言われています。

胞子が風に乗って飛散し、亀裂のある樹皮部に付着し胞子の発芽に適した諸条件を満たせば成長していきます。

チャーガは若い木より古木を選んで成長するには、人間と同様に抵抗力の落ちた木が寄生し成長しやすいからです。

カバノアナタケの子実体は一般的に見られるようなキノコの傘は形成せず、樹皮の下に薄く平たく広がっていきます。

寄生された木の樹皮には細長い平たい円形状の食物状のキノコの褐色果実体ができ、また樹皮の表面では実を結ばないキノコ形成体が繁殖します。

カバノアナタケの表面は黒色で、そのコブが幹についているところでは、明るい茶色をしています。その外層の下部には粒状の褐色の組織があって、これがカバノアナタケの主要部分を形成しています。主にカバノキ類に寄生して育ち、木のエキスを吸い取り、やがて木は枯れ果てて生きます。

その姿はまるでガン細胞が増殖し健康な細胞を次々と破壊していく過程に似ています。

もともとカバノキ類は寒冷地に自生する樹木で荒地のようなひ弱な大地でも自ら再生する強靭な生命力を持っていますが、その樹木の幹を枯らしてしまうほどのチャーガの生命力は並ではありません。また味は無味無臭に近く、癖が無いのが特徴です。
「良薬口に苦し」とよく言いますが、チャーガには当てはまらないようです。

飲み方としてはヤカンに水とチャーガ(ブロック、ティーバック)を入れ煎じて飲みます。
(またはポット、きゅうすなどでも飲めます)

抗ウイルス作用に優れ、免疫力を高め、抗酸化作用はアガリクスの23倍もあり
C型肝炎肝臓疾患 、肝臓癌の方には朗報です。



チャーガの産地(こだわりのロシア産)

主要原産国はロシア、ウクライナ、カザフスタンがあり、その中でもチャーガ健康園ではハバロスク産を直輸入しております。

製品管理の高さと品質の高さを兼ね備えた地域であり飲みやすさも抜群です。

モスクワやチェルノブイリ近郊からは輸入が規制されており検査にクリアした確かなものしか日本には輸入されておりません。

国産は実質的に採取して販売できるだけの量が存在しておらず、10年から15年と長年をかけて出来上がるため国産品は皆無に等しい状態です。

また国産はロシアより緯度が低いため寒さが十分ではなく高品質のチャーガが育ちにくいという点が上げられます。

チャーガ健康園は品質とロシアでも品質管理が行き届いたハバロフスク産にこだわっております。


またの名を「シベリア霊芝」と呼ばれる事からも伺えますようにロシアを中心にその周辺国にのみ得られる地球からの贈り物であり、ロシアの一部寒冷地域の人々にとってはお茶代わりとして何世紀もの間、愛飲されてきました。

ロシア産、特にハバロフスクは冬場は-20〜‐40度を越す極寒の地域であり、その地で生命力豊かに育った最高品質の自然育チャーガにこだわりお届けしたいと
チャーガ健康園
では考えております。

※写真は検査の証明書。下記詳細参照



チャーガ健康園取り扱い商品の試験成績証明書の内容

試験項目 試験結果 検出限界 試験方法 脚注
エネルギー
水分
たんぱく質
脂質
糖分
灰分
食物繊維
リン

ナトリューム
マグネシューム
亜鉛
マンガン
173kcal/100g
9.6g/100g
2.2g/100g
1.7g/100g
6.1g/100g
5.9g/100g
74.5g/100g
17mg/100g
1.4mg/100g
2mg/100g
39mg/100g
1.9mg/100g
7.74mg/100g
----------------
0.1g/100g
0.1g/100g
0.1g/100g
0.1g/100g
0.1g/100g
0.1g/100g
1mg/100g
0.1mg/100g
1mg/100g
1mg/100g
0.1mg/100g
0.01mg/100g
----------------------
105℃恒量乾燥法
ケルダール法
酸分解法
----------------------
灰化法
酸素・重量法
モリブデンプール比色法
原子吸光光度法
原子吸光光度法
原子吸光光度法
原子吸光光度法
原子吸光光度法
注1

注2

注3

注1 係数は、たんぱく質4、脂質9、炭水化物(糖質+食物繊維)4を適用して求めた値に0.5を
乗じ算出した。
注2 係数は6.25を用いた。
注3 糖質=100-(水分+たんぱく質+脂質+食物繊維+灰分)







チャーガの成分

チャーガの組織成分の中で最も注目されているのが多糖類βグルカンとサポニン)他のキノコ類に比べて含有量が多いのが特徴の一つです。

多糖類というのは、たくさんの単糖が結合した高分子のことで、もともとキノコ類は良質の多糖類が多く含まれております。

チャーガの多糖類の作用は主として生体の免疫力を高め、ウイルス、ガン細胞の成育を阻止する働きです。
またチャーガが注目される一つの理由が体内を錆び付かせる作用などを防ぐSOD様活性物質(活性酸素を除去する物質)が他のキノコに比べて圧倒的に高い事にあります。

体内で活性酸素の発生率が一番高いところは小腸と大腸です。つまり腸の健康を整えることで体全体が酸化を防ぎ健康になっていきます。その抗酸化力がチャーガの魅力の1つです。

チャーガには不飽和脂肪酸の過酸化を防止する作用があり、過酸化脂質や老化の指標であるリポフスチンが出来るのを防ぐ作用が強力に働きます。

ちなみにチャーガのSOD活性の力は他のキノコ類野菜類を比較してみますと下記のようになります。



キノコ類
アガリクスの 23倍
山伏茸の 25倍
まいたけの 32倍
霊芝の 55倍
メシマコブの 330倍
野菜類
青汁の 60倍
野菜ジュースの 175倍
ほうれん草の 250倍


抗酸化力の比較図




チャーガの歴史

ノーベル賞作家
ソリジェニツィン
チャーガを世界に紹介した「ガン病棟」を執筆した。


チャーガの歴史は古く新石器時代から人々に飲まれていたと推定されています。

その根拠となったのが1991年9月19日イタリア領南チロル自治州のハウスラフヨッポ付近標高3210メートルの氷の中から新石器時代の凍結ミイラが発見され、そのミイラの携帯品から白樺のキノコ(チャーガ)が発見され、治療目的であろうと推定されました。

また日本で広く知られるようになったきっかけはロシアのノーベル賞作家ソリジェニツィンの小説
「ガン病棟」です。

そこには患者がワラにもすがる思いで、白樺のキノコで治療する話が出て来る箇所があり、それはキノコというより白樺の古木に生える一種のガンである。異常成長したコブみたいなもので、外は黒いが中は明るい茶色をしている。

「そして、こういうことを発見した。すなわち、そのあたり一帯の百姓たちは、お茶代を節約するために、茶ではなくチャーガというものを煎じて飲んでいる。それは白樺の茸とも言われて・・・・・・」 などとガンに効果があることを記しています。

このようにロシア(アレフサンドロフ郡)では何世紀にもわたり飲まれ続けたおかげで癌と無縁の生活が紹介され多くの注目を集めるようになりました。

チャーガの飲み方・楽しみ方


チャーガは水から煮出して飲むのが日本では一般的でしたが、最近では様々な飲み方が広がりを見せています。

例えばコーヒーや紅茶と混ぜて飲んでみたり、焼酎などのお酒と割ってみたり、デザートやお菓子など

工夫次第でいろんな摂取方法を楽しまれています。

チャーガは自然の食品ですので特別摂取方法に関しては神経質になる必要はありません。

毎日いろんな摂取方法で味を変えて楽しまれてもいいかもしれませんね。


チャーガ(カバノアナタケ)とは?効能と良いチャーガの見分け方・飲み方まで解説




チャーガはシベリアやカナダ北部などの極寒の地域に生えるキノコです。寒さの厳しい土地で育つ生命力の強い白樺の木のエキスを吸って大きく育つことから、栄養豊富で希少性が高く「幻のキノコ」とまで呼ばれています。 日々の健康維持のため、そして美容のため、体に関する悩みを抱えている人に、チャーガは無理なく続けられる健康食品としておすすめです。 ここでは、チャーガについて、良い商品の見分け方やおいしいチャーガティーの飲み方など、健康維持に役立つ情報をご紹介します。

チャーガ(カバノアナタケ)とは

チャーガは幻のキノコと呼ばれる「カバノアナタケ」の菌核のこと。白樺に生えることから白樺茸とも呼ばれています。 チャーガは白樺が映えるシベリア、

日本では北海道などの寒い市域にのみ分布しており、その厳しい環境で時間をかけて育ちます。そのため、ほかのキノコ類よりも強い抗酸化作用をはじめ、

人の体にさまざまな良い効果をもたらしてくれる健康食品として古くから親しまれています。 なんと白樺の木の2万本に1本という希少なキノコであり、

別名「森のダイヤモンド」と呼ばれることも。チャーガは白樺がろ過した大地からの栄養を10年以上もかけて吸い込み、凝縮して成熟します。炭のように黒い見た目が特徴で、

この黒い部分こそ何年もかけて生長して溜め込まれた薬効成分。黒化した部分は岩のように硬く、一般的に食用として用いられているやわらかいキノコの仲間とは違った質感をしています。

そのめずらしさから高額で取引されており、一般的に気軽に購入できる商品ではありませんでした。しかし、近年は高品質なロシア産を比較的手軽な価格で販売されており、

チャーガティーをはじめ、コーヒーやシロップ、美容クリームなど幅広い商品に使われています。 飲んでもよし、肌に使ってもよしと万能で、テレビでも健康と美容のためにおすすめされるなど、

健康を意識する人々、ご高齢でも元気でいたい方を中心に根強い人気を誇っています。

チャーガに含まれている成分について



チャーガにはさまざまな健康に役立つ成分が豊富に含まれています。その中でも代表的な栄養素の特徴と期待できる効果についてご紹介します。


SOD(抗酸化酵素)

チャーガの特徴は強い抗酸化作用を持っていること。 私たちは常に呼吸をして酸素を取り込んで体内でエネルギーを作り出しています。

しかし、この酸素を利用するときに体内で生まれるのが「活性酸素」。活性酸素は私たちの細胞を傷つける有害なもので、体内で増えるごとに老化やがん、

糖尿病などの生活習慣病といった健康被害の原因につながるのです。 活性酸素は加齢によって増えるほか、日々のストレスや喫煙、激しい運動や飲酒、紫外線なども関係しています。

私たちが普段何気なく触れているものに、活性酸素を増やす原因はいろいろ。 この体内にある活性酸素をできるだけ除去することが、老化を予防するほかがんなどの病気のリスク軽減につながるのです。

チャーガはこの抗酸化作用の高いSODが非常に豊富。SOD(スーパー・オキサイド・ディスムターゼ)は、体内の活性酸素の消去能力のこと。 この抗酸化作用はビタミンCやビタミンEの数十倍の能力を誇り、

特にチャーガはほうれん草の250倍、さらに神のキノコと呼ばれる「アガリクス」の23倍ものSODを含有しています。加齢やストレス、疲労など体の衰え対策に、まさに理想的な食材と言えます。

食物繊維(水溶性リグニン)

チャーガ(カバノアナタケ)は、水溶性リグニンの含有量がとても高いのも特徴の一つ。この水溶性リグニンもまた抗酸化酵素を持つポリフェノールであり、

とても良質な食物繊維です。 リグニンは不溶性で高分子なので、人の細胞には簡単に入り込めません。しかし、チャーガの白色腐朽菌で水溶性に変化して、体内に浸透しやすい水溶性になっています。

この水溶性リグニンは腸内をすっきりさせ、日々の体型維持などのダイエットのサポートになる成分として今注目されています。

エルゴステロール

エルゴステロールはビタミンDに生成される前の段階の物質、つまり前駆物質です。ビタミンDはあらゆるキノコに含まれている栄養素。かねてから生シイタケを日光や紫外線に当てることでビタミンDに変換されることが知られていました。 このビタミンDは長年にわたって日の光を浴びながら成長した、チャーガにも豊富に含まれています。ビタミンDは血液中のカルシウムやリンを骨や歯に運ぶ働きをサポート。つまり強い骨や歯を作る手助けにつながるのです。

βグルカン


βグルカンはキノコ類や酵母に含まれている多糖類の一種。抵抗力を高める成分として知られており、免疫力が弱くて外部のウイルスなどから身を守りたい人、日頃健康に過ごしたい人を中心に関心を集めています。

なんとチャーガには、アガリクスやメシマコブなどのβグルカンが豊富なキノコのさらに4倍も含有しています。定期的に風邪をひいたり毎年インフルエンザにかかったりと、感染症に悩んでいる方にもおすすめです。

フラボノイド

チャーガはポリフェノールの1つであるフラボノイドも豊富。フラボノイドは抗酸化作用に優れています。フラボノイドをはじめとするポリフェノールは、

水に溶けやすい性質があり体内にも取り込みやすいですが、長時間効果が続かないのがデメリット。 そこで、毎日こまめに摂取をすることが大切です。

チャーガの摂り方の定番であるチャーガティーなら、日々の生活に無理なく取り入れることができます。

チャーガ(カバノアナタケ)の偽物・本物の見分け方のコツ

チャーガ(カバノアナタケ)の中には偽物の商品も出回っています。チャーガは白樺の木に10年以上にわたって寄生する奇跡のキノコ。生息地も厳寒のロシアや北欧、

北海道などの一部地域にしか生息しておらずとても希少性が高いキノコです。 偽物はチャーガの優れた効果が得られないだけでなく、品質が悪いもの、

正体のよくわからない偽物を体に入れるのは危険性が高いです。 思わぬ健康被害が出る可能性も十分に考えられます。だからこそ、チャーガは品質が高く本物を販売している信頼性の高いお店から購入することが大切。

ほかの店舗よりも安いから、早く自宅に届けてくれるところだから注文をした、など商品自体にこだわらず販売店を選ぶのはあまりおすすめできません。 ではチャーガを購入するにあたって、

どんな販売店を選べばいいのでしょうか?

原産地証明をしている

そして同じチャーガでも、産地によって価格や品質も大きく異なります。 チャーガの現在の主要原産地は、ロシア、モンゴルに中国、北欧、北海道が中心。

この産地はどこもマイナス何十度にもなるような極寒の土地。 その中でも特に品質が高く、おすすめしたいのがロシア産。ロシアは土壌も肥沃な土地が多く、白樺の栄養を吸収した生命力あふれるチャーガが生息しています。

国産の方が安全性も高いイメージがありますが、北海道はロシアよりも緯度が低いため寒さが十分ではありません。厳しい寒さを生き抜いたチャーガほど、高い生命力を誇り豊富な栄養を溜め込んでいます。

また、ロシアは昔から健康のためにチャーガティーを日常的に飲んでおり、チャーガに関するこだわりも高い国。そんなロシアの中でも特におすすめしたいのが品質管理の行き届いているハバロフスク産。

冬場はマイナス20〜40度にもなる超極寒の地域です。生命力豊かでロシアの品質管理がされたチャーガは高品質で、何世紀にもわたって健康食品として愛飲されています。

また優良な販売店は、仕入れをしているチャーガの品質証明書、もしくは商品の試験成績証明書などを提示しています。実際にチャーガの成分を分析し、本物であるかどうかを公開しているので安心して購入ができるので、

販売サイトを確認してみましょう。

急速乾燥ではなく低温乾燥をしている

さらに、チャーガは乾燥方法と管理方法によっても得られる効果が違うのです。 チャーガの成分をあますことなく抽出するためには、収穫後じっくりと低温乾燥させて成分が逃げないように商品化することが大切。

しかし、中には採取後急速乾燥をしてしまうと、本来の有効成分が半減し同じチャーガでも栄養素をしっかりと得られない可能性があるのです。 チャーガを購入する際は産地だけでなく、保存方法も確認しましょう。

チャーガ(カバノアナタケ)は無臭で味も強くない

見た目が黒くまるで炭のような見た目のチャーガ。いったいどんな味がするのか、癖がないのか気になるのではないでしょうか。 本物のチャーガはほとんど無臭。

キノコなので材木のような香りがするイメージがありますが、本物はそういった木などの自然を感じる香りはほとんどありません。 そんな臭いのするチャーガは、偽物の可能性が高いので注意をしましょう。

またチャーガティーにすると、チャーガのエキスが多いほど独特の香りがしますが苦みも強くなくお子様でも気軽に飲みやすい味わいです。 やけに土臭い、泥臭い、

おいしくないなど味に違和感があるチャーガは品質に問題がある、もしくは偽物の可能性が高いです。

販売元がはっきりしている・営業年数が長い

チャーガ自体はもちろん、購入するお店も信頼できるかどうか確認することが重要です。特にインターネット通販は便利ですが、相手の顔が見えない分偽物を販売する悪質業者も多くあります。

まずは購入店のサイトを見て、住所や電話番号などの連絡先をはっきりと表記しているか確認しましょう。ほかにも何年チャーガを販売しているのか、チャーガに関する知識があるスタッフがいるのか、

サイトの情報量をチェックすることもおすすめです。 新規のお店が必ずしも危険、信頼できないとは限りませんが、やはり長年にわたって営業しているところはその分信頼でき、

高品質な商品を取り扱っている可能性が高いのです。

チャーガに副作用はある?

チャーガは自然の地に生息するキノコです。風邪薬などの医薬品と違って目立った副作用はありません。 医薬品はあくまで一部の体の不調を直接的に排除し、治療ができる代わりに副作用が多いのが特徴。

それに対して自然食品でありチャーガは、直接的に不調を治療したり、ただしに病気を完治させたりするものではありません。 あくまでも日々チャーガを生活に取り入れることで、弱った体のバランスを少しずつ整えて、

免疫力を高めるなどの健康的な日々を送るためのサポートをしてくれる食品です。 そのため強い副作用があることはありません。ただし、キノコアレルギーがある人は注意が必要。

もしチャーガティーを飲んで、体にアレルギー症状が出た場合はただちに飲用をやめて医師による診察を受けましょう。

チャーガはどこで購入できる?ドラッグストアで買うことはできる?

高品質で安全性の高いチャーガを購入するには、専門店の利用がおすすめです。一部ドラッグストアでも、チャーガの成分をあまり取り扱われていません。

店舗によってはチャーガティーの成分をカプセル化したサプリメントなどを販売しているところもありますが、通販サイトの方が種類も豊富でさまざまな商品が売られています。

その中でも特におすすめしたいのがチャーガだけを取り扱っている専門店。チャーガは保存方法によって、乾燥した際にどれくらい有効成分が残っているのか異なります。

きちんとどんなチャーガを使用しているのか、そして販売実績を公開している専門性の高いお店で購入をしましょう。 ドラッグストアなどの大型店舗で販売されているチャーガは、

生成方法がはっきりとせずまたほかの栄養素も含んだ純度の低い商品も。チャーガの栄養をしっかりと得るには、天然で本物にこだわった商品を選ぶことをおすすめします。

特にチャーガは同じ白樺でも、生きた白樺から採取したものと倒木している白樺に生えているものとでは栄養価が異なります。倒木から採取したチャーガはその分価格が安くなりますが、

高い効果が期待できないのです。 また、ドラッグストアなど多くの商品を取り扱うところは、売れ行き次第で商品の取り扱いをやめてしまいます。チャーガは継続して飲み続けることで、

ゆっくりと体質改善していける健康食品。 そのため、長く購入し続けられるように販売実績が多く、老舗のチャーガ専門店からの購入をおすすめします。

あくまでチャーガを購入するときは値段の安さや入手しやすさで選ばずに、チャーガへの知識が豊富で販売歴も長い、信頼できるお店を見つけましょう。

妊娠中にチャーガを摂取しても大丈夫?

チャーガティーはノンカフェインなので、基本的に妊娠中に摂取をしても体に害はありません。毒性がないので免疫力を高めるうえでも妊婦さんが飲み続けることで、日々の元気につながっていきます。

温かいお茶を飲むのはそれだけで気持ちがリラックスしますし、何よりノンカフェインのためコーヒーを控えたい人にもおすすめ。チャーガは味に癖がないのでつわりで強い香りや味を受け付けない人でも、

比較的飲みやすいという点でもおすすめです。 またチャーガが含んでいるポリフェノールやビタミン類は、赤ちゃんの生育にも欠かせないものばかり。チャーガはなんと215以上もの多糖類や栄養物質を含んでいます。

この栄養を水分だけで取り入れられるのがチャーガティーの魅力。お手軽なのに少量でたくさんの栄養を摂取できるので普段よりも健康に気を遣いたい、

いろいろな栄養を食事から取り入れたい妊婦さんにこそおすすめのお茶と言えるのです。

参考元:http://www.sod-jpn.org/n_material/chaga_04.html

チャーガの好転反応について

チャーガティーを飲み始めるうちに体調に変化があらわれる好転反応が起きることもあります。この好転反応は、酸化した体がすぐれた抗酸化作用のある食品を食べ続けることで、

少しずつ体質が変わっていく際に起きるもの。 還元反応とも言い、酸化されている体にチャーガのような抗酸化作用の高いものが入ると、体に残留している有害物や老廃物を排出しようとする浄化作用が働きます。

その結果、細胞が本来の働きを取り戻し、免疫力や抵抗力アップにつながるのです。 この還元力こそが好転反応と言われるもの。好転反応は薬による副作用とは違います。

主に体の悪い部分に出やすく、特に多いのが水のような下痢、倦怠感などが起きることがあります。 抗酸化作用に優れた食品は浄化作用によって、

腸壁にある老廃物を外に追い出そうとお腹がゆるくなることがまれにあります。

この好転反応は数日でおさまり、徐々に体調も落ち着いて体質が良い方向へと変わっていきますが人によっては下痢が続いたり腹痛がひどくなったり、生活に影響が出る可能性も。

その場合は無理に我慢せず、チャーガティーの量を減らすなどして対応しましょう。 参考:チャーガに含まれる「MRE成分」でアトピー性皮膚炎や肌荒れ・保湿力改善が見込める

https://www.afpbb.com/articles/-/3215125

チャーガ(カバノアナタケ)は1日にどれくらい摂取すればいい?

チャーガは特別に決まった飲み方はありません。一般的には1日に500mlから1リットルを目安に好きなタイミングで飲むことがおすすめです。

チャーガティーはあくまでお茶なので、喉が渇いたときの水分補給はもちろん、食事中でも食べ物の味を邪魔しません。

ただし、持病がある方、健康志向がある方は1日1〜2リットルを目安に取り入れることもおすすめです。多く飲めば飲むほど効果が高いというわけでもなく、体が短時間で吸収できる栄養量には限界があります。

そのため多くても2リットルを目安に、こまめにチャーガティーを飲みましょう。

チャーガティーのおいしい淹れ方・飲み方について

チャーガティーはティーバッグでの販売を中心に、ブロックの状態でも購入が可能です。 癖や苦みもなくとても飲みやすいお茶なので、正しい淹れ方をすれば温かくても冷やしてもおいしくいただけます。

またブロックの場合、チャーガを煮出すグラムに関しては基本的に自由ですが、食物繊維が豊富なので人によってはお腹が緩くなることも。 一般的な飲み方は次が目安です。

・ブロック…1リットルあたりブロック20〜30g

・ティーバッグ…500ml〜1リットル

作り方は水にチャーガを淹れて沸騰から10分程弱火でゆっくりと加熱するだけ。

エキスがしっかり抽出されたチャーガは、水の色がウーロン茶やコーヒーくらいの濃い茶色になります。

そのままホットで飲んでもおいしいですが、チャーガをやかんに放置する時間が長くなるほどエキスが豊富に抽出されます。

そのため、少量のチャーガでも濃いエキスによってお腹がゆるくなる可能性も。まずは指示どおりの分量で作り、その後自分に合った量に調整して作っていきましょう。

なおブロックのチャーガは2〜3回続けて煮出すことができます。それ以上の回数を煮出しても有効成分が薄くなってしまうので新しいものに取り換えるか、

既存のブロックに新しいチャーガを追加して煮出しましょう。 またチャーガティーは冷やすとより甘みが増し、飲みやすい味わいに。夏の暑い時期でもおいしく水分補給ができます。

チャーガティーのアレンジ方法

チャーガティーはそのまま飲んでもおいしくいただけますが、癖が少ない分ほかの食材や飲み物とも合わせやすいという魅力もあります。

普段のチャーガティーにひと手間を加えてみてはいかがでしょうか。 おすすめはコーヒーや紅茶など、いつもの飲み物とブレンドすること。香りを邪魔せず、手軽にブレンドティーが楽しめます。

ほかにもチャーガは青汁やスムージーなどに加えるのもおすすめです。ビタミン豊富な飲み物と組み合わせることでチャーガの高い抗酸化作用とともに、体に取り入れたい栄養を効率よくしっかりと摂取できます。

また、甘みのある食材と組み合わせると、お子様でもおいしくチャーガを摂取できます。たとえばはちみつやメープルシロップ。

普段のチャーガティーに加えるだけで甘みがプラスされ、ジュース感覚でさらに飲みやすくなります。しかもノンカフェインなので、夜に飲んでも就寝を妨げる心配もありません。

チャーガは1日こまめに摂取を続けていくことで、体質をゆるやかに改善していく効果が期待できます。だからこそ、味に飽きがこないように好きなアレンジを複数見つけて、飲んでいくことが長続きをするコツです。

まとめ

チャーガ(カバノアナタケ)はテレビや雑誌でも紹介され、年々その優れた栄養価や期待できる健康効果に注目が集まっています。

なんとなく不調が続く、また持病があるけれど医薬品以外の方法で安全に体質を変えていきたい…。 そんな方にこそ、自然食品であるチャーガティーは無理なく取り入れられる習慣です。

「森のダイヤモンド」と呼ばれること貴重なキノコのチャーガは、高級品ゆえ市場に偽物が出回ることもめずらしくありません。さらに収穫した場所や保存方法でも、摂取できる栄養の量が違ってきます。

だからこそ、品質にこだわり産地や保存方法などを公開している、信頼できる専門店からの購入がおすすめです。癖がなく飲みやすい食品ですので、

ぜひお子様からご高齢の方まで、家族で生活習慣の一つにチャーガティーを取り入れてみてはいかがでしょうか。


チャーガとアガリクス

【1 チャーガとアガリスクを比較してみると……】

近年、科学や製剤技術の発達もあっていろいろなキノコ類から抽出された有効成分がお茶、サプリメントという形で手軽に摂ることができるようになりました。

そこで、健康効果の高いキノコとして健康食品に良く用いられるチャーガとアガリクスを比較、違いを解説いたします。

■産地と生態  チャーガはサルノコシカケ科、一方のアガリクスはハラタケ科に属します。

○チャーガ ロシアや北ヨーロッパが主な原産地ですが、日本でもアイヌの人々が昔からチャーガを煎じて飲んでいたようです。

ただ、現在、北海道では乱獲により、チャーガの在処を探すことが非常に困難になっているといわれています。

チャーガ健康園のチャーガはロシア産であるため、常に安定した供給が得られています。

ロシア(ハバフロフスク)産はチャーガの中でも最高級の品質を常に保っていることでよく知られています。

また、チャーガは白樺の樹液をエネルギー源にしながら十年以上かけて成長していきます。

そのため、非常に希少価値なキノコということで価格も高騰しています。

白樺の樹液を摂って成長するということはチャーガに(栄養源を奪われてしまうということです、チャーガが成長する分、白樺は枯れていきます。

このエネルギッシュなチャーガの生命活動に着目し、チャーガの分析が行なわれるようになりました、

参考URL:http://www.wakasanohimitsu.jp/seibun/tyaga/

○アガリクス 主にブラジルが原産地ですが、北アメリカのフロリダ地方あたりでもみられます。

アガリクスが自生するブラジルのピエダーテ地方はガンや高血圧など生活習慣病に罹患している住民が少なく、長寿の住民が多いことで知られていました。

後に、アガリクスの効能効果がアメリカの専門家たちによって明らかにされ、長寿の原因はアガリスクにあるらしいと予測しました。

アガリクスの自生できる条件はかなり限定されています。夜と昼の気温の差はしっかりとあり、湿度80%という高湿度であることが必須でした。


そのため、人工栽培が難しく、チャーガ同様に希少なキノコとして知られています。

■ チャーガのSODはアガリクスのSODの23倍 チャーガとアガリクスで最も共通しているのはどちらにもβ-グルカンとSODが含まれているということです。

チャーガにはβグルカンやSODがアガリクスよりもかなり豊富に含まれています。

βグルカンやSODが豊富に含まれていることは、人体にとってどんな影響があるのでしょうか? ○βグリカン βグルカンとは、炭水化物の源であるブドウ糖(単糖類)が複数集まった物質(多糖類)のことです。

α型とβ型があり、体に対して健康効果をもたらすのはβ型のグルカンです。

チャーガはアガリクスよりもβグルカンが豊富に含まれていることがすでにわかっています。

βグルカンは免疫力向上の働きがあるとよくいわれていますが、その一因としてβグルカンがマクロファージの働きを活性化がすることにあります。

私たちの体内に敵(異物)が入ってくると、敵を攻撃するのにマクロファージが大活躍します。βグルカンはマクロファージが敵に向かって攻撃する、つまり免疫力を向上させる働きをもっています。

○SOD SOD(Superoxide Dismutase)とは、活性酸素を取り除く酵素です。

活性酸素は強力な殺菌作用などをもち、適量であれば、人体にとって有益な物質。しかし、過剰になる(酸化が進む)となると、細胞を傷つけ、老化の進行、病気の発症を促してしまいます。

このような現象を封じする、これを抗酸化作用といい、SODはこの働きを持っています。

よくチャーガのような希少のキノコは抗がん作用があるといわれるのは免疫力向上、抗酸化作用があるためなのです。

アガリクスにも当然、抗酸化作用はありますが、現在のところ、チャーガのほうがより強い抗酸化作用を持っていると考えられています。

■まとめ チャーガやアガリクスのもつ強力な抗酸化作用は常に健康でいるためには無くてはならない作用です。

チャーガにしてもアガリクスにしても希少価値のキノコであるだけに価格が高値です。

このような食品は長期に摂ってこそ効果があるもの。抗酸化作用がより強いチャーガで合理的に効果的に健康を維持していきましょう。

(参考URL) https://www.shop-chaga.com http://www.wakasanohimitsu.jp/seibun/tyaga/ http://www.wakasanohimitsu.jp/seibun/agaricus/


ダイエットとチャーガ効果

【2チャーガでダイエットのサポートができる?】

良質なサプリメントや健康食品を見つけると、

「ダイエットにも効果有るかな?」
とつい、考えてしまうことありませんか?

最近のチョーガの人気を思うと、やはり同じことを考えてしまいますよね。

そこで、チョーガの成分を調べてみました。ダイエットに役に立ちそうな成分がありました。 早速、解説しましょう。

■チャーガの中の「リグニン」がダイエットサポートの主役!
北海道立食品加工センターのデータには、リグニンがチャーガ全成分中の3割以上を占めていると掲載されています。
このリグニンがどうやら、ダイエットのサポートをしてくれそうなのです。 どのようにダイエットをサポートしてくれるのでしょうか?

○リグニンは不溶性(水に溶けない)食物繊維 食物繊維は消化されず、そのまま腸に移行し、体内に排出される物質です。

この「消化されない」というのがポイントです。食べた物がエネルギー(カロリー)になるためには消化されなければいけません。

食べた物の中に食物繊維が多ければ多いほど、消化する機能をもつ胃や小腸の横を素通りする量が増えていきます。

その上、リグニンは便の量を増やします。大きくなった便の固まりは腸の壁を刺激し、刺激をうけた腸が動き始め(蠕動運動)、

便を体外に送りだします。 この部分はとても重要です。もう少し丁寧に検討してみましょう。

食物繊維は自分だけ胃や小腸の横を素通りするのではありません。 たとえば、食事前に食物繊維を豊富に含むチャーガ茶を飲みます。

その後、ごはんとか糖質などカロリーのある食事をしたとします。 すると、チャーガ茶に含まれるリグニンなどの食物繊維が糖質をくるんでしまうため、

胃や小腸から出る消化液の洪水に出会うことなく、腸へ移行します。 そのため、血糖値が急上昇しません。

血糖値が上昇すると、血糖値を下げるためにそれに見合った量のインスリンが出てきます。インスリンは血糖を下げると同時に脂肪を蓄積する働きがあります。

しかし、チャーガ茶を飲むことで血糖値の上昇が緩やかになれば、、脂肪を蓄積するインスリンの分泌は少なくてすみます。

このようなことから、チャーガはイエットのサポートが可能ということになります。


リグニンが腸内環境を整えることでダイエット効果も上昇 腸内環境を整えるとは悪玉菌よりも善玉菌が優勢にするということです。

リグニンは悪玉菌を増やすような有害物質や腐敗物質包み込んで体外に排出します。 そのため、腸内にいつまでも異物が残留することもなく、ダイエットに大敵な便秘も解消されます。

さらに、女子を悩ませるポッコリお腹も引っ込んでくれます。 また、腸内に老廃物がいつまでも残留していると、吸収されてリンパ液、血液の中に混入してダメージを与え、免疫力低下、酸化作用の進行を促してしまいます。

しかし、リグニンなどの食物繊維があれば、それらを体外に排出してくれるため、単なるダイエットではなく、健康も維持しながら、ダイエットをサポートすることができるわけです。

ダイエット成功の秘訣;チャーガ茶を食前に飲む それぞれ独自の感覚でダイエットを実行されていることだと思いますが、どんなダイエット法でもチャーガ茶を手元においておきます。

食事前には必ず、チャーが茶を飲んでください。 その後に食事をします。そこにサラダなどがあれば、まずはサラダを食べましょう。

糖質を含むメニューはいちばん最後に食べます。 カロリーの低いもので満腹感を出すと同時に、前述したように先に入ったリグニンが後から入ってきたものを包み込み、胃や小腸の消化を受けにくくさせます。

よって、血糖値の上昇が緩やかになり、インスリンはあまり分泌されません。 また、リグニンが糖質を完璧に包み込むのは不可能で、最終的には消化を受けることになります。

結局は血糖値上昇を避けることはできないわけですが、何にもしなければ、血糖値は短時間で急上昇し、インスリンが大量に分泌されてしまうことを考えれば、リグニンのこの働きはダイエット成功を導く道標となります。

まとめ チャーガが単に健康にいいだけでなく、ダイエットのサポート役もできる健康食品だということをわかっていただけたと思います。

また、適正なダイエットは健康効果を向上させるもので、チャーガはあらゆる方向からあなたの健康を維持できる優秀な健康食品となるでしょう。

(参考URL) https://www.otsuka.co.jp/health-and-illness/fiber/about/type/ https://www.otsuka.co.jp/health-and-illness/glycemic-index/glucose-level/ https://www.tanita.co.jp/health/detail/25


チャーガというキノコ

【3 チャーガは健康飲料として有益な食材であると証明】 過去に「チャーガというカバノアナタケが健康飲料の主要原材になりえるか」というテーマに取りくみ、

チャーガの健康飲料としての有用性を証明し、まとめた北食研(北海道立食品加工研究センター)の論文があります。こちらをわかりやすく解説しながらご紹介いたします。

■チャーガ(カバノアナタケ)で高品質な健康飲料はできる? 北食研(北海道立食品加工研究センター)のチャーガの研究によって、次のようなことがわかりました。

○カリウムやリグニンが豊富 チャーガの全体的な特徴として、タンパク質や脂肪分が少なく、カリウムやリグニンが豊富に含まれています。

ミネラルの仲間であるカリウムは体内にたまったナトリウムを外に排出する働きがあり、血圧を下げたり、むくみを改善したりして健康効果を維持します。

ただ、糖尿病などが原因で腎機能が低下している人がカリウムを豊富に含む食品を摂ると、高カリウム血症になりやすく、心臓などに悪影響を及ぼします。

しかし、そうではない人にとってはカリウムを豊富に含むチャーガは良質な食材の一つです、 また、リグニンは食物繊維の仲間で便秘や肥満の改善、腸内環境を整えるなどの働きをもっています。

○抗酸化作用が,アガリクスよりも強力 北食研は6種類のキノコの抗酸化作用の活性の強さを調べました。

 メシマコブ> カバノアナタケ>ツリガネタケ>マンネンタケ>ヤマブシタケ>アガリクス 上記のような結果となり、

チャーガの抗酸化作用はメシマコブに次いで2番目に強く、アガリクスよりはかなり強いことがわかりました。

○高温であるほど抗酸化効果が強い また、抽出するとき、高温であるほど、抗酸化作用の活性は強くなっていきました。

この結果から、チャーガの強力な抗酸化作用の主成分は、高温では不安定になるSOD(※)ではないと予測しました。

なぜなら、SODはタンパク質で、タンパク質が変性する温度の65℃になっても抗酸化作用の力は衰えなかったからです。

そして、チャーガから抽出された抗酸化作用をもつ成分は抜群の安定性を示したということです。

SOD(※):Super Oxide Dismutaseの略。体内で蓄積した活性酸素を除去する酵素。過剰になった活性酸素は細胞にダメージを与え、酸化を亢進させることで老化を早めたり、生活習慣病などに罹患するリスクを高める

○抽出回数が多いほど抗酸化効果が強い 高温での抽出を重ねるほど、抗酸化作用の力が強くなっていく中で水に溶けにくい成分の抗酸化活性が強くなったことから、

チャーガの抗酸化作用の強い成分は水に溶けにくい物質であるリグニンが多く含まれていることが示唆されました。

○分子量が大きいほど抗酸化酵素が強い チャーガの抽出液を分子量の大きさで6グループに分類して抗酸化作用の強さを調べました。その結果、分子量が大きい、分子量10万以上のグループが一番、抗酸化作用が強かったことから10万以上の高分子が抗酸化効果の中心を担っているといえます。

■チャーガはお茶としての摂取が理想的で効果的 上記の実験結果から、チャーガがどのような形態の健康食品が適しているかを北食は研下記のように分析しました。

・タンパク質や脂肪分が少ない:味もニオイもほとんどなく、強い味が感じられない分、高温で煮出してもすっきりと飲みやすい味になる

・高温で抽出を重ねるほど、抗酸化作用が強くなる:よくいわれているSODではなく、高温になっても抗酸化効果を失わない水に溶けにくい成分、つまりリグニンが主成分である。 リグニンはポリフェノールや食物繊維が多く、抗酸化作用が強く、腸内環境を整える物質。

・カリウムが多い:血圧安定、むくみ解消などの健康効果がある 以上のようなことから、チャーガは健康食品の中でも飲料として有能な物質であることがわかり、 お茶として摂取することがチャーガの性質を十分に活かすことができると北食研は示唆しています。


まとめ チャーガ(カバノアナタケ)を含む食品は非常に健康維持に優れ、チャーガ茶として製品化されていることは非常に納得できますね。

また、北食研によれば、カバノアナタケの部位別の試験には有意差がなかったことから、部位別に製品化する必要はないとしています。このことは部位別に効果が違わず、

チャーガの全てを活用できるということを示唆しています。

(参考URL) http://www.hro.or.jp/list/industrial/research/food/about/index.html https://catalog.lib.kyushu-u.ac.jp/opac_download_md/1508416/p016.pdf#search=%27%E5%8C%97%E6%B5%B7%E9%81%93%E7%AB%8B%E9%A3%9F%E5%93%81%E5%8A%A0%E5%B7%A5%E7%A0%94%E7%A9%B6%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC+%E3%82%AB%E3%83%90%E3%83%8E%E3%82%A2%E3%83%8A%E3%82%BF%E3%82%B1%27

チャーガ健康園インフォメーション

ご注文の流れ

24時間ホームページより受付中!!!
ご注文はホームページ・ファックス・お電話・ハガキのいずれかの方法にて承っております。

商品のお届けについて

全国一律送料無料

【全国一律送料無料】
商品は、クロネコヤマトの宅急便にてお届け致します。

お支払い方法について

お支払い方法は、以下の中からお選びいただけます。
■代金引換
【代引手数料無料】
現金、クレジットカード、電子マネーでのお支払いが可能です。
クロネコ
宅急便コレクト お届け時電子マネー払い

■クレジットカード
【手数料無料】
VISA・MASTER・JCB・三井住友クレジット・DC・UC・ミリオン・ダイナーズ・クレディセゾン・日本信販、 アメリカンエキスプレスなど各種クレジットカード対応です。
クレジットカード
■ゆうちょ銀行・銀行振り込み
ゆうちょ銀行
振込先:17450−73704661
フィールドロック株式会社

※他金融機関からお振込される場合
店名:七四八(読み ナナヨンハチ)
店番:748
口座番号:7370466
フィールドロック株式会社
福岡銀行
箱崎支店(はこざき)
フィールドロック株式会社
普通 2066314 
振り込み手数料はお客様負担となります。予めご了承ください。 ご入金確認後の発送になります。お急ぎの方は、ご入金後、ご一報頂けましたら、早急に手配致します。

返品・交換について

返品・交換は、未開封のものに限らせて頂きます。開封後のご返品はご容赦下さい。商品到着後8日以内にご返送下さい。ご返送の際の送料はお客様負担となりますので予めご了承下さい。

プライバシーポリシー

チャーガ健康園はお客様から頂いた個人情報、氏名、住所、年齢、メールアドレス、クレジットカード、銀行口座等の情報は適切に取り扱い保護する事が企業の社会的責任と認識し下記の取り組みを実施いたします。
ベリサイン・セキュア・サーバID採用

ベリサイン・セキュア・サーバID採用により、SSL暗号化通信を実現していますお客様の情報は最高水準のセキュリティで保護されています。どうぞ安心してお買い物をお楽しみください。




良質なロシア産チャーガ茶

良質なロシア産チャーガ茶

「森のダイヤモンド」と呼ばれる寒冷地だけに育つ貴重なキノコ『チャーガ』。チャーガ健康園では、良質なロシア産チャーガだけにこだわっています!希少な自然育ちチャーガをお届けします。

チャーガ茶お客様に感謝
2005年よりご愛顧頂き有難うございます♪

チャーガ健康園の7大メリット

全国一律送料無料

チャーガは10年以上もの間、白樺類の樹木に寄生するキノコです。「森のダイヤモンド」と異名を持つ通り、めったには見つけられません。疾病の90%が活性酸素によるもので、残り10%は病原菌からの感染によります。日々健康管理に気を配り、体調を万全に整えましょう。


肝臓について


森のダイヤモンド

2万本に一本の割合でしか見つからないカバノアナタケ(チャーガ)は希少なキノコです。イタリアで発見された5000年前のミイラ(アイスマン)も証明!そのころからチャーガは飲まれていました。

白樺チャーガ茶

チャーガ健康園概要

ページのトップへ戻る